いつ生える?いつまで続ける?プロペシアの効果が出るまでと継続期間


AGA治療の治療薬プロペシア(フィナステリド)は医師の処方箋がなければ正規の購入はできないとされています。
AGA治療は保険診療外のため自費での購入になりますが、効果の方はあるいう人も多く、その多くは根気よく服用していることにおいて得られる効果のようです。
心配なのが、途中で服用をやめてしまった場合、せっかくの効果があったものが元の状態に戻ってしまった、という例も口コミなどで見受けられているということです。
ということは、AGAで悩んでいる以上はその服用を続けなければ意味はないと言えるかもしれません。

もともと発毛に効く薬ではなかったという薬ですが、DHTという髪の育成を妨げる物質を抑える効果があるということで、少なくとも進行を抑えることが出来るということでは、プロペシアは98%の人に3年間もの間何らかの効果があったという結果も報告されています。
さらに詳しい事を言えば、国内における臨床実験では半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%というように、時間の経過によってその効果があらわれていく様子が見て取れるようです。
やはり継続して使い続けることが一番の方法かもしれません。

変化としては髪が増えるだけでなく、長さや太さ、髪の生える場所では、頭のてっぺんだけでなく前髪などにも効果があるなど、髪の質や生え方にも変化はあらわれているようです。

この効果は「男性型脱毛症」のみ期待できるということであり、それ以外の「円形脱毛症」などには効果がないとされています。

ミノキシジルと併用するとその効果をさらに実感できたという口コミなども見受けられましたが、基本的にプロペシアはクリニックでの処方となることと、ミノキシジルは国内では販売されていないという点でその使用方法には注意が必要ということになります。

投稿日:  カテゴリー コラム