使用前におさえておきたいミノキシジルの副作用


ミノキシジルは、育毛・発毛に効果のある成分だと言われていて、個人で取り寄せられるものにはタブレットタイプのミノキシジルなどの内服用もあるようですが、国内では外用タイプで一社のみ商品に配合され販売されています。

しかし、効果を得られた人がいる一方で副作用もあったという話もあるようです。

外用タイプである国内の商品での副作用の主なものに「ミノキ焼け」と呼ばれるものがあります。
症状としては、塗布した部分が炎症を起こし激しい痒みに襲われ、頭皮が炎症を起こし頭皮環境が悪化してさらに抜け毛や薄毛をひどくなったりする場合があるようです。
その場合は使用をやめて製造・販売元へ問合せをしたりなど、注意が必要です。

タブレットタイプのものは、個人で簡単に取り寄せることができるようですので、試してみた人も多いのではないかと思われますが、やはり効果が感じられた人がいる一方で、副作用を経験した人もいるようです。

もともと高血圧の治療薬として臨床実験が行われていた中で、薄毛の治療に効果があると言われ、育毛・発毛のための商品として海外で販売されているようですが、副作用として血圧が低くなった、などがあるようです。

その他には、むくみなどが見られたが服用を止めたらむくみも無くなったという人や、性欲の減退、生殖への不安などもささやかれているようです。
性欲の減退に関しては、口コミはあるものの服用との因果関係ははっきりとはしていないというのが現状のようです。
また、生殖に関しての不安も、ミノキシジルはホルモンへ作用する薬ではないとのことで男性が使用する分は心配がないとの見方もありますが、絶対に安心というわけでもなさそうです。

タブレットは自己責任で購入することが多いため、心配な事があれば服用を一旦やめて、医師や薬剤師に相談してみるなどの対策が必要ではないかと思われます。