話題の飲む育毛剤「プロペシア」、本当に効果はあるの?


プロペシアは飲む育毛剤として、クリニックなどで扱われています。
一般的には、医師の処方がなければ手に入れることはできないとされているので、ネットなどに出回っているものが正規のものかどうかは疑うべきところかもしれません。
1錠250円程度が相場だと言われていますので、あまり安価な物も正規のものではない可能性があります。
(ジェネリックが出るという話もあるそうです)

気になるその効果ですが、同様に育毛・発毛の治療成分として知られているミノキシジルに比べ、あまり期待はできないというところがあるようです。
なぜならプロペシアは、発毛を促すというより今ある頭髪をこれ以上減らさないということに効き目を発しているからです。
それも、効果を何となく感じるようになったのは数ヶ月を過ぎてからで、そういえば抜け毛が減ってきたな、という感じを得られている人がいるということです。

しかし、ある臨床データによると、長期服用することで効果が得られやすくなったという結果も報告されているようです。
それによると、薄毛の進行を食い止める効果はほぼ100%となっており、1年間服用し続けた人には58%の改善が見られたとのことです。
さらに、2年間服用で68%、3年間服用で78%の人に薄毛が改善されたとの効果があったという結果があげられているようです。
ただし、服用を途中でやめた場合、改善されたものが継続できるかという点では、残念ながらまた薄毛の進行が見られた、などの結果もあげれているようです。
他には、口コミの中に、実際に服用してみた人の感想で頭皮の分泌物が減ってサラサラになったなどがありました。

プロペシアは、AGAの治療にのみ効果を発揮すると言われておりますので、それ以外の原因で薄毛に悩む人には残念ながら効き目はないとのことです。