期待される強力AGA治療薬「デュタステリド」の効果と副作用


AGA治療薬にはさまざまなものがありますが、それぞれに違った効果や注意点があります。
今回はそんなAGA治療薬の中からデュタステリドについて詳しくご紹介していきましょう。

AGAの原因と言われているものに、5αリダクターゼというものがあります。
AGA治療薬として有名なプロペシアの主成分フィナステリドは、この中の5αリダクターゼ2型を阻害する効果があります。

しかし、5αリダクターゼには1型と2型があり、2型だけを阻害するプロペシアでは人によっては効果が出ないことがありました。

そこで注目されているのがデュタステリドと言う成分です。
デュタステリドにはフィナステリドよりも優れた5αリダクターゼ2型の阻害効果がある他、フィナステリドではできない5αリダクターゼ1型も阻害する効果があり、プロペシアでは効果が出なかった人に期待されている成分なのです。

AGA治療が受けられるクリニックの中にはデュタステリドを主成分にしたアボルブの処方が受けられるところがあります。
デュタステリドはフィナステリド同様にもともとは前立腺肥大の治療に用いられてきた成分です。
そのため、フィナステリドのような性欲の減退などの副作用が見られますが、効果が優れている分だけデュタステリドの方が副作用が出やすいと言われています。

副作用を防ぐ、または正しく対処するためにも、きちんと医師の指示に従って服用することが大事です。
また、もし副作用が見られたらすぐに医師に相談するようにしましょう。

投稿日:  カテゴリー コラム